優れた機能 

◆様々なバーコードを高精度に作成
・LabelStar Proは、BarStar Proをバーコード作成エンジンに使用してますので、郵便カスタマバーコードを含む19種類のバーコードと9種類の2次元シンボルをサポートしています。また、ISBNコードのようなJANの天地均一バージョンやJAN付加シンボルもサポートしています。
・バーコードは、グラフィックにより作成していますので、画面にリアルなバーコードを表示すると共に、拡大縮小はフルスケールです。また、作成されたバーコードは、メタファイル形式で保存されますので、常にプリンタの最高分解能で印刷できます。
・更に、バー幅の理論値をプリンタドットピッチに自動調整する機能により、プリンタドット幅の整数倍の均一なバー幅で印刷することができまので、小さなバーコードでも確実な読み取りができます。また、バー幅を補正する機能により、印刷時のバーの太りや細りの調整もできます。この機能は、インクジェットプリンタの印刷やフィルムマスターの作成に便利です。

◆GS1-128、GS1 Databar、2次元シンボルに最適
・GS1-128、GS1 Databar Expanded、QR Codeなどの2次元シンボルを簡単に作成するために、テキストリンク機能、挿入機能、文字取り除き機能を用意しました。まず、挿入機能により商品コードやロット番号等のアプリケーション識別子を付加し、リンク機能でそれぞれを連結します。数量などの可変長データの後には、区切り文字のFNC1を挿入します。そして、取り除き文字機能で、識別子に付いているカッコを取り除いてバーコードを作成します。
・国際物流標準ラベルISO15394に対応するために、ASCII制御コードをヘッダー、トレーラー、区切り文字等に使用できるようになっています。

テキストリンク設定画面
テキストリンク設定画面
GS1-128作成方法

◆テキスト、バーコード、図形を簡単にデザイン
・デザイン画面にテキスト、バーコード、図形、ロゴ、マーク等を簡単に作成、配置、編集できます。テキストは、様々なフォントや文字サイズをサポートしており、文字の回転や縦書きも可能です。また、色や罫線枠を付けたり、住所やコメント等の自動折り返し印刷も可能です。更に、テキストの文字間隔の設定、テキストの文字横幅(長体)の設定、テキストの表示形式の設定(標準、数値、通貨、日付、時間、パーセント、郵便番号、ユーザ定義)も可能です。
・図形は、直線、斜線、四角形、円、楕円をサポートしており、アンダーラインやラベル枠、罫線枠に便利です。また、ワープロや図形ソフト等で作成したロゴやマーク、写真をOLE機能により埋め込むこともできます。
・2次元シンボルのような大きなデータでも、先頭から部分指定することにより、目視読取表示することができます。また、小さいシンボルのために、目視読取文字を折り返し表示できるようになっています。
・PDラベル、SCMラベル、EIAJラベル、QRラベル、ISBNラベル等の業界標準ラベルのサンプルを用意しましたので、デザインせずにすぐラベル作成することもできます。

◆簡単なデータ入力と編集
・ラベル作成に使用するデータは、表形式のデータ画面にキーボード入力します。そして、表計算ソフトと同じように、セルの挿入、削除やデータの複写、移動、削除、検索が簡単に行えます。また、データ画面の列幅、行の高さ、データの左右寄、列の移動の設定可能です。更に、他のアプリケーションからテキスト形式でデータをインポートしたり、ODBC機能をサポートしているデータベースと連携することもできます。画像も変数データとして扱えます。
・シリアル番号のような連続番後文字列では、開始番後、終了番後、増加量等を入力することにより、データを自動作成することができます。また、マクロ機能によりシステムが持つ日時データの自動印刷、カウンタの自動印刷、ラベルの分割数の自動印刷(1/nからn/n)、四則演算も可能です。更に、郵便番号や郵便カスタマバーコードは、添付のデータベースにより、住所から自動変換しデータ画面に入力することができます。

データシート画面
データシート画面


◆様々なラベルに対応
ラベルの割り付けは簡単、ページレイアウト画面で、余白やラベル間隔を設定できると共に、市販のラベル紙のテンプレートを用意しました。また、印刷データの選択や印刷枚数をデータ画面で設定でき、プレビュー画面で印刷の確認ができます。更に、プリンタフォントやプリンタの印刷枚数設定機能を利用することにより、印刷速度を向上させることができます。

ページ設定画面
ページ設定画面


◆Windowsにより幅広い利用範囲 (稼動OS 日本語版Windows)
・Windowsドライバを持ったプリンタなら、レーザプリンタ、インクジェットプリンタ、シリアルドットプリンラ等の汎用プリンタでも、サーマルプリンタや熱転写プリンタのようなラベルプリンタでも使用することができます。
・更に、OLEオートメーションサーバをサポートしていますので、他のアプリケーションからプロパティとメソッドを設定、呼び出すだけでバーコードラベルを作成し、Copyメソッド、Drawメソッドを使用して、描画することができます。つまり、物流システムや製造システムの一部として組み込むことができます。

◆現場に最適なLabel Worker機能
現場では、操作ミスによりデザインが変更されてしまうことがあります。これを防止するために、デザイン変更ができない印刷版のLabelStar Worker機能をサポートしました。これを使用する場合は、インストール時に選択します。

◆レーザプリンタでリストバンド印刷
レーザプリンタまたはサーマルプリンタで印刷できるLaserBand社の医療用リストバンドのテンプレートを追加しました。これにより手軽にリストバンド印刷ができます。
◆他のプロユース機能
・チェックデジットの計算 (モジュラス10ウェイト2/3、モジュラス11、加重モジュラス11、モジュラス16、モジュラス43、モジュラス103、7DR、7DSR、9DR、9DSR、その他各シンボル特有のチェック)
・スタートストップコードやチェックデジットの表示選択
・Code39、Code2of5、Codabar (NW-7)のキャラクタ間キャップの設定
・二次元コードのセル数、カラム数、レイヤ数等のシンボルサイズの設定。これによりデータ量が異なっても同じシンボルサイズにすることが可能
・直線、罫線、図形の線種の選択
・バーコード、テキスト、図形の色選択
・バックランドの色と透過/不透過の選択
・目視読取文字の表示位置、表示幅の設定
・バーコードテキストの表示選択とフォント及びサイズ選択
・バーコードの自動作成とクリップボードへのコピー
・デザイン画面からのダイレクトテスト印刷
・ラベルサイズと余白、ラベル間隔の設定
・ファイルオープンするとき、バーコード規格違反の警告の表示/非表示の設定
・その他、バーコードの持つ基本的特徴は、全てサポート

  仕 様 

バーコードシンボル ・JAN/EAN (13桁・JIS標準、8桁・JIS短縮、アドオン)
・UPC (UPC A_Regular、UPC E_ZeroSuppression、アドオン)
・Interleaved 2 of 5 (Standard、ITF14桁、ITF16桁、ITF6桁・JISアドオン)
・Code 11
・Code 2 of 5 (Discrete 2 of 5)
・Matrix 2 of 5
・NEC 2 of 5
・Codabar (NW-7)
・Code 39 (Standard、Full ASCII)
・Code 93
・Code 128、GS1-128 (UCC/EAN-128)
・MSI/Plessey
・BC417
・GS1 Databar (RSS14、RSS14 Stacked、RSS14 Truncation、RSS14 Stacked Omnidirection)
・GS1 Databar Limited (RSS Limited)
・GS1 Databar Expanded (RSS Expanded、RSS Expanded Omnidirection)
・郵便カスタマ バーコード
・PostNet (Aフィールド、Cフィールド、Cプライムフィールド)
2次元シンボル ・Code49
・PDF417 (Standard、トランケートシンボル)
・QR Code (モデル1、モデル2、マイクロQR)
・AztecCode (Full Range、Compact)
・Micro PDF417 (Standerd、Code128エミュレートモード)
・Maxicode (SEC、FullECC、Carrier Message)
・DataMatrix (Square、Rectanglar)
・GS1(EAN, UCC) Composite
動作環境 Windows 8/8.1/10 (32bit/64bit)
Windows Server 2008 R2/2012 (64bit)

  関連製品 

バーコードラベル印刷ソフトウェア
LabelStar Pro V4.0 (1ライセンス)

誰でも簡単にラベルがデザインでき、高精度なバーコードラベルが印刷できます。また、Windowsドライバがあれば、汎用プリンタでもバーコードプリンタでもラベル印刷ができます。OLEによるアプリケーション連携も可能ですので、生産管理システムや物流管理システムから印刷できます。

Windows 10に正式対応しました
Windows 8/8.1/10 (32bit/64bit)、Windows Server 2008 R2/2012 (64bit)対応
LabelStar Pro


New! LabelStar Pro V4.0 主な変更点
■32bit版と64bit版を同梱
従来、V3.1は32bit版、V3.2が64bit版と異なる製品になっていましたが、V4.0ではこれらが統合され、OSを自動判別してインストールされるようになりました。
32bit OSにおいては32bit版がインストールされ、64bit OSにおいてはインストール時に32bit版、64bit版の選択ができるようになりました。

■プロパティ画面が親フォームにドッキングできるように
親フォームへのドッキング・取り外しが可能になりました。

■複数選択および位置とサイズの微調整が可能に
マウス操作でオブジェクトの複数選択が可能になりました。
Shift+カーソルキーで左上を起点にサイズの微調整が可能になり、Ctrl+カーソルキーで位置の微調整が可能になりました。

■コピーしたオブジェクトの貼り付け位置を変更
選択されたオブジェクトの右下に貼り付けるように変更しました。

■ズーム処理変更
ズームの拡大縮小範囲を10%~400%の範囲で変更が可能になりました。
また、拡大したときの描画処理を改善しました。

■文字(バーコード)配置の拡張
文字(バーコード)の配置及び均等割り付けが設定できるように文字配置ダイアログを追加しました。

■メニューバー変更
メニューバーのアイコンのサイズが大きくなりました。

■プリンタ情報の保持
ラベルファイル毎に設定したプリンタ情報が保持されます。

■最終連番保存
カウンター機能を用いてラベル印刷時、前回印刷終了時の続きから印刷出来るように変更しました。

  特 徴 

◆32bit版と64bit版を同梱。インストール時に自動で判別
・32bit版OSか64bit版OSかインストール時に自動で判断します。
・64bit版OSの場合はLabelStarProの32bit版と64bit版のどちらをインストールするか選択できます。

 ※注意点
 64bit OSでOLE連携の運用を検討される場合、ご使用のアプリケーションに合わせる必要があります。
 例えば、32bit版アプリケーションを使用する場合64bit OSでも32bit版のLabelStarProをインストールする必要があります。

◆チェックデジットの自動計算
・GS1-128やDatabarで使用するGTIN (共通商品コード)のチェックデジットを自動計算し、チェックデジットの確認、または、自動付加ができます。
・料金代理収納バーコード (GS1-128)の全体チェックデジットを自動計算できます。全体チェックデジットとは、シンボルチェックデジットとは異なり、データをチェックするためのものです。

◆先進シンボルまで高精度に印刷
・汎用のバーコード、2次元シンボルの他に、省スペースシンボルGS1 DatabarやGS1 Compositeなどの先進シンボルまでサポートしています。
・バーコード作成エンジンBarStar Proにより、プリンタドットに合わせた高精度なバーコードを印刷できます。

◆豊富なデザイン機能
・テキスト、バーコード、図形のデザインが簡単、ロゴやマーク等のイメージ貼り付けができます。
・バーコードソフトでありながらテキスト編集機能が充実、長いテキストの折り返し印刷できますので、2次元シンボルの目視文字表示に便利です。
・複数のテキストとバーコードをリンクできますので、GS1-128やQR Codeなどのシンボル作成に便利です。
・デザイン画面のズーミング、オブジェクトの整列とグループ化、手の平ツールによるスクロールなどが可能です。
・リンクやデータベース連携により、画像を変数データとして扱えます。
・レーザプリンタやサーマルプリンタで印刷できる医療用リストバンドのテンプレートを用意しました。

◆便利なデータ編集機能
・GS1-128やGS1 Databar Expandedにおいて、セパレートキャラクタFNC1を自動挿入できます。
・カッコやスペースなどを目視読取文字から取り除いてバーコード作成することができます。
・ISOのデータ構造に対応して、各種制御文字をセパレータとして挿入できます。

◆便利な印刷機能
・印刷前に印刷データを反映させてプレビューができるようになりました。
・インポートやデータベース連携によりデータ画面を簡単に作成し、印刷項目や印刷枚数を簡単設定できます。
・データの検索やフィルターリングも可能です。 Windows対応であれば、汎用プリンタでもラベルプリンタでも印刷可能です。
・印刷現場にデザイン変更できない印刷機能のみのLabelStar Workerを添付していますので、インストール時に選択できます。

◆アプリケーション連携
OLEオートメーションサーバでアプリケーション連携できますので、生産管理システムや倉庫管理システムに組み込むことができます。

◆主なアプリケーション
●商品ラベル、●値札、●物流ラベル、●棚ラベル、●荷送り状、●製造ラベル、●カンバン、●銘板ラベル、●備品ラベル、●宛名ラベル、●POP広告、●IDカード、●リストバンド、●メニューシート、●振込用紙 等

ご注意
郵便番号データベースのサポートは、停止していますので、住所から郵便番号への変換は、他のアプリケーションソフトをご利用ください。但し、郵便番号から郵便カスタマーバーコードの作成は可能です。

◆ライセンス形態とサポートについて
LabelStar Pro V4.0は、通常の1クライアントのライセンスの他に、複数クライアントのライセンスや、サーバにインストールするためのサーバライセンスが用意されています。
また、製品のサポートや無償バージョンアップの権利を含む保守サポートサービスや、V3.1及びV3.2をご登録のユーザ様を対象とした、V4.0へのバージョンアップサービスもございます。
これらのライセンスやサービスの詳細はお問い合わせください。

ログアウト
メニュー

値引きする バーコードラベル印刷ソフトウェア LabelStar Pro V4.0:アイニックス オンラインショップ

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

値引きする バーコードラベル印刷ソフトウェア LabelStar Pro V4.0:アイニックス オンラインショップ

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報